2018/05/31

ベンフィカが八百長を行ったと現地報道チャンネルSICが明かした。

15-16シーズン終盤、優勝直前にあったベンフィカが敵地マデイラ島でCFマリティモと対戦し、2-0で勝利しているが、この試合直前にCFマリティモ選手に負けるように持ち掛け、4万ユーロを払ったとSICは報じている。
ニュース(下記)では、相手クラブ選手が匿名でインタビューに応じ、提示金額の他、話し合いの場所や関係者名を明かしている。

匿名の選手はまた、「(同試合で)ベンフィカに勝てれば、スポルティングCPから報酬40万ユーロ(各選手に1.3万ユーロ)を受け取れていた」と告白している。
15-16シーズン、ベンフィカが優勝したが、最後まで優勝争いしていたクラブがスポルティングCPであった。

参照:2018/05/05 ベンフィカ、審判を批判

ベンフィカ八百長疑惑、相手選手に4万ユーロ #Portugal #ポルトガル #jornaldenoticias #sicnoticias #slb #slbenfica #SportLisboaeBenfica #csmaritimo #csmaritimomadeira #madeira #hotelpestanacasinopark #paulogonçalves #八百長 #マデイラ #sportingclubedeportugal #futbolportugues #動画あり