2018/05/25


北部サルタ州のファン・マヌエル・ウルツベイ州知事は、妊娠中絶の州令を改正した。
中絶は妊娠12週までのレイプ被害者とする州令の法的拘束力を実質的になくした形となる。

背景には10歳の少女が義父から性的暴行を受け、妊娠発覚時は19週目であった。この少女の中絶できる権利について、女優がSNSで取り上げる等、論争が起きていた。

妊娠中絶を合法化する法案の国会採決を来月に控えている。
TNより

参照:継父にレイプされ10歳少女が妊娠、中絶合法化の議論白熱 アルゼンチン(AFPBB News)

中絶の法的拘束力を解除、10歳の少女妊娠がきっかけ #Argentina #アルゼンチン #Salta #サルタ #AbortoLegalYa #AbortoLegalJusticiaSocial #MentiraVerde #Urtubey #AbortoLegalMiDerecho #AbortolegalEsVida