2018/04/12

カーボベルデ政府は、ブランデーとワインの生産を規制する法整備を進めている。

同国での年間生産量はブランデーが1千万リットル、ワインが2.1万リットルと推定されるが、蒸留工程が不十分など、衛生面に問題を抱える生産者が多いことが法整備の背景にある。

生産者の60%は営業許可証を持っておらず、うち35%は最低限必要な衛生設備も備わっていないという。

ブランデー、ワイン生産の法整備 #CaboVerde #カーボベルデ #jornaleconomico