2018/03/20

中南米最大手のネット通販メルカドリブレは、中国のネット通販アリババと業務提携を結ぼうと動いている。

メルカドリブレがカバーできていない国への販売拡大に向けた提携とされ、既にウォルマートやイーベイと提携を結んでいる。

同社が警戒しているのが、本社を置くアルゼンチンへのアマゾン参入だ。
隣国ブラジルでは既にアマゾンが参入し、電子書籍から始まり、現在では家電製品も取り扱っている。

またアマゾンは、クラウドコンピューティング事業の営業所をアルゼンチンに既に開設している。
今後、南米のデータセンター新設をアルゼンチンかチリで検討している中、アルゼンチン政府が積極誘致に乗り出している。

昨年のグループ売上13.8億ドルで過去最高であったメルカドリブレとしては、シェア死守に向けた動きが加速していくものと見られる。

参照:2018/02/28 アマゾンのシェア拡大が迫るメキシコ

メルカドリブレがアリババと提携を模索。アマゾン参入への準備 #Argentina #アルゼンチン #ECサイト #ネット通販 #MercadoLibre #アマゾン #ecommece #Amazon #fba #walmart #eBay #クラウドコンピューティング #AWS #アリババ #Alibaba #阿里巴巴