2018/02/28

中南米最大ECサイトのメルカドリブレは2017年で過去最高の売上高(前年比で約65%増)を記録したが、利益は前年比で10%減だった。


同社ではブラジルやアルゼンチンに次ぐ売上規模とされるメキシコでは、販売アイテム数は前年比126%増、売上高は約4.9億ドルで前年比90%増、9年連続の増収となったものの、アマゾンの脅威が迫っている。

現在、アマゾンの2017年売上高は中南米だけで約5.1億ドル。中南米の進出先は現在、メキシコとブラジルの2国のみだが、メルカドリブレ全体(中南米で18国)売上高の40%近くまで上ってきている。

専門家によれば、メキシコのネット通販は小売業全体で見ると未だ2%に過ぎないが、5年間の成長率は43%。今後、メルカドリブレやアマゾンに限らず、他のECサイトを含めた競争が激化していくものと見られている。

参照:2月24日 中南米最大ECサイトの売上10億ドル超

アマゾンのシェア拡大が迫るメキシコ #Mexico #メキシコ #MercadoLibre #mercadolibremx #Amazon #amazonmx #fba #アマゾン #Linio #ECサイト #ネット販売