2015/01/16

Alternativa(日本)より

滋賀県東近江市で生徒不足で閉校した旧甲津畑小学校が、ブラジル人学校「日本ラチーノ学院」として生まれ変わった。
今日の開校式には生徒の他、東近江市長も参加。生徒140人へのクラスは来週から始まる。
4,450㎡を持つ旧甲津畑小学校、サッカー場の他、体育館も健在で、琵琶湖での課外活動もできる環境となっている。校舎の1階では園児向け、2階は小中学生向けのクラスが行われる。
日本ラチーノ学院は学校法人として認可されたのを機に、移転先を探し始めたのが2011年、昨年、東近江市が賃貸する形で旧甲津畑小学校への移転が決まった。
参考:旧甲津畑小:校舎をブラジル人学校移転先に 地区の活性化期待??東近江 /滋賀(毎日新聞)

廃校の小学校を再利用したブラジル人学校、きょう開校式